家 リフォーム

家 リフォーム 【無料一括見積もりを利用して金額を比較しよう!】得する裏ワザ術

お家のリフォームは、年数が経過すると大なり小なりどうしても必要になってくるものですよね。

 

蛇口の水漏れ・網戸の張り替え・畳の新調・壁紙の張り替え・トイレ交換・お風呂交換など例を上げたら切りがありません。

 

そんな時はまずリフォーム業者を探したり、紹介してもらう事から始まりますよね?

 

しかし、リフォームの金額というものは一般の方にはまだまだイマイチ分かりづらく不明点が多いものです。

 

いくら知り合いのや紹介してもらった業者にしてもそれが本当の相場価格とは限らないのです。

 

それは私たちがリフォーム工事の相場価格や工事内容に関して素人なので当たり前と言えば当たり前かも知れません。

 

工事内容や金額について大概の業者は丁寧に説明してくれると思いますが、それが適正な相場価格とは限りません。ではこちらからすればどういった対策をすればいいか?・・・

 

 

それは複数のリフォーム見積もりを取って価格を比較すれば良いのです。

 

情報誌やインターネットなどで中古車や生命保険などはしっかり金額を比較しませんか?(笑) それは今の時代は重要が沢山あるので比較する事が簡単にできるからです。

 

しかしリフォームとなるとそこまで身近ではないので、簡単にリフォーム業者や金額を簡単に複数の価格を知ることができないのです。

 

リフォーム価格を比較しようとすれば、自分で近所のリフォーム業者を自力で探して同じ説明をなんどもして見積もり価格を比較しなければなりません。はっきり言ってかなりの手間でしょう。

 

しかし、リフォーム工事ほど価格に差が開くものはないと言っても過言ではありません。お風呂工事などでは業者を変えるだけで簡単に40万〜50万ぐらいの価格差が出てきます。

 

 

 

では簡単にリフォーム工事金額を比較するにはどうしたらいいのか?

 

リフォーム見積もりの無料一括見積もりサイト を利用すれば良いのです。

 

このサイトの利点は、一回の簡単な入力をすると3社〜5社ぐらいのリフォーム業者を紹介してもらえて見積もりが簡単に手に入れることが出来る事なのです。

 

また同じ説明を何度もしなくていいところも最大の利点ではないでしょうか。 しかも無料で見積もりを複数取れるのでお得です。

 

最近ではインターネットの普及によりリフォームの見積もり比較サイトが普及してきました。リホーム費用や相場価格を簡単に知ることが出来るようになってきました。

 

リフォーム工事は驚くほど価格差が出てしまうので必ず何社かの見積もりを比較することをおすすめします。

 

こんな悪徳業者には気を付けよう!

 

広告1

 

世知辛い世の中であります。不景気が長引くととんでもない輩が増えてくるものです。

 

ついにはリフォーム業界にも進出してきました。

 

@ 耐震偽造

 

老人相手に一時期、相当な無法ぶりを見せた手口です。何も分からない老人相手に地震という言葉を巧みに匂わせて、不安感をあおって床下に潜り込みあたかも直ぐに壊れるような下地だとウソをついて工事をさせる。

 

しっかりとした工事ならまだしも、全く触らないで工事も何もしない、耐震補強もしないなど悪質極まりない輩どもが横行しています。私の身近な老人も被害に合ってしまいました。

 

知っていますか?悪徳業者の検挙率はほんの15%ほどなのです。なぜならば、詐欺工事が発覚するころには音信普通になり、連絡が取れないのです。

 

そしてまた、他の地域に耐震偽造詐欺をまき散らすのです。

 

みなさんも十分注意をしてくださいね。

はじめまして。還暦を迎える男性老人です。

 

終焉も近いことから最近では趣味に没頭しております。

 

最近ではゴルフを始めました。ごるふも奥が深いようで、やりはじめて2年ほど経ちますがいまだにスコア100も切れません。

 

因みに私が使用しているゴルフクラブは三浦技研というクラブです。自慢では有りませんが値段はそれなりに高いです。特にピッチングとサンドはとっても高いです。

 

しかし宝の持ち腐れです。アプローチは52度とサンドは58度のセッティングです。とあるプロからの指導でこのようなスタイルにないました。

 

ゴルフというものは人生そのものです。攻めに行く時は攻撃的に、守らなければならない時は控えめに防御的に・・まさしく人生そのものです。若くて体力のある方はドライバーでかっ飛ばして人生を責めるものです。

 

年寄りになると、堅実にフェアウェイに乗せて、セカンドを確実にオンさせる感じでまさしく人生が凝縮しているのではないのでしょうか。話はそれましたが、ゴルフ以外では自分の生活している家を改築したりリフォームをしています。

 

リフォーム見積もりは安くはありませんが、そこは年寄りの経済力でおぎなったり、リフォームローンを利用しています。自分でできるところは自分でやって、出来ない箇所は業者に任せます。

 

今後も楽しみな人生が待っていることを願う毎日です。

続きを読む≫ 2016/08/30 13:53:30

さて、リフォーム費用が決定したら次は何か?

 

工事の詳細を再度確認しなければなりません。どうしてもリフォームというのは工事後に客と業者のズレが生じるのです。

 

なぜでしょうか?

 

リフォーム費用が案外すんなりまとまるものです。しかし工事がどうしてもトラブルが発生します。

 

打合せ不足なのです。また、お客さんは素人ですので業者の完成イメージをうまく理解できないのです。

 

中立な立場から意見を述べさせてもらえば、お客さんもいけないところは多くあります。

 

私が多々経験してきた例は、お客さんの意見が二転三転することが多々あります。

 

分かりやすく言えば、

 

客「はじめはこの色でお願いします」という事をいいます。

 

業者「それはこの値段ですよと業者が伝えます」

 

客 「高いのでやめる。値段が一緒のやつで初めとは違うこの色でお願いします」

 

と、この通り工事を進めても、客は初めの色を覚えて無く、自分で変更したにも関わらず「色が違う!」などと平然と言うのです。

 

私たちはその都度、品番を控えるので間違いはありませんが、リフォーム個所が他にもあるので忘れてしますのです。

 

ここで、ズレが生じて揉めてします原因が発生してしまうのです。

 

 

 

私個人の意見ですが、こういった場合の解決策はお互い何度でも確認行動を怠らない事が一番なのではないのでしょうか。

 

もちろん、業者にも落ち度がある場合はたくさんあります。あくまでも私は公平な意見として述べています。

 

せっかくのお家を改造しますので後悔するのだけは避けたいところですよね。

続きを読む≫ 2016/08/23 10:36:23